2017.10.04

まずは小池先生の言葉をかいて字の練習。そのあと「梨」を描きました。丸ごと、切って、ネットに入れてなど いろいろ楽しみました。塗りすぎないことと、皮のポツポツを描くときは「規則的な等間隔にならないように気をつけて、ランダムに描くこと」をおススメしました。

2017.10.18

まずは小池先生の言葉をかいて字の練習。そして そろそろ終盤の「秋の花」や「木の実」を描きました。菊、ナナカマド、栗、ツクバネ、フォックスフェイス、などなど色んなモデルが登場しました!

そして言葉をかく工夫として「日記を描くように」「擬音語、擬態語を入れる」「時事ネタやだじゃれも使ってみる」を紹介しました。

2017.11.01

「とやま土人形」の干支の土鈴に絵付けをしました。

土鈴は3種類。

教室では、秋田犬風、フレンチブルドッグ風、年号入り、縁起文字入りなどなど みなさん個性的に仕上げました。

 

喪中の方は丸い土鈴にサンタクロースを描きました。

2017.11.15

小池先生の言葉をかいて字の練習のあと、年賀状を描きました。前回の講座で絵付けをした土鈴をモデルにした年賀状。そのあと、獅子舞やだるま、鯛なども使って年賀状を描きました。

2017.12.06

小池先生の言葉をかいて字の練習のあと、Xmasの絵手紙を描きました。Xmasのモチーフによく出てくるのは「白・赤・黒・緑」ですが、白ははがきの白を活かして、黒は墨を薄めて塗ることをおススメしました。

2017.12.20

小池先生の言葉をかいて字の練習のあと「そうじ」をテーマに絵手紙を描きました。ブラシ、モップ、雑巾、洗剤など 楽しいモチーフが登場しました。「心もキレイに」という言葉を添えた人がいらして、みんなで感心しちゃいました。

2017.01.17

小池先生の言葉をかいて字の練習のあと、「お多福せんべい」を描きました。割る前に1枚、中の縁起物を出してさらに1枚。一人2個ずつ。中からは、赤べこ・絵馬・まとい・打出の小槌等々、いろんな縁起物が出てきました。